よくある質問

  • CORELLE
  • VISIONS
  • pyrex

コレール

  • Q.食器洗い乾燥機に使用できますか?
    A.使用できます。ただし、事前に食器洗い乾燥機の取扱説明書をご確認ください。表面に傷がついていると、食器洗い乾燥機の熱水や洗剤の成分が傷を成長させてしまうため、破損しやすくなることがあります。また、絵柄入りのものは繰り返しの使用で、絵柄が薄くなる場合がございます。ご使用洗剤の注意書きをご確認ください。
  • Q.底に等間隔の小さな突起や、側面に線のような段差がありますが不良品ですか?
    A.これらは製法上で生じる金型跡で、製品の不具合ではございません。このような箇所が破損する原因となることはございませんので、安心してお使いください。
  • Q.コレールは「割れない」って本当ですか?
    A.コレールはガラス製品です。一般のガラス製品や陶磁器より丈夫にできていますが、破損しない、ということではありません。取扱いには、十分お気をつけください。
  • Q.コレールに黒っぽいスジのようなものがついてきました。これは何ですか?
    A.メタルマークと呼ばれる現象で、金属の表面が削れ、コレールの表面についてしまったものです。ステンレスの流し台、スプーンやフォーク、食器洗い乾燥機のラックなどとこすれ合って起きている現象で、ご使用に問題はございません。
  • Q.絵柄がついていますが、安全性は大丈夫ですか?
    A.食品衛生法で定められた基準値を十分にクリアしております。安心してお使いください。
  • Q.長く使うコツはありますか?
    A.コレールの破損の原因は、表面についた傷です。ナイフやスプーン等固いもので強くたたいたり、ぶつけたり、その他、傷がつくような取扱いはお避けください。洗浄する場合は、やわらかいスポンジに中性洗剤をお使いください。研磨剤入りナイロンたわし、金属たわしや粒子の粗いクレンザー等を使用しますとガラスが傷つき、破損する原因となります。ご使用はお控えください。

ビジョン

  • Q.ビジョンを上手に使う方法は?
    A.ビジョンは温まりにくいですが、一旦温まると土鍋と同じように保温性に優れ、冷めにくいという特性があります。温まったあとは中火かそれ以下で調理し、やや早めに火を止めて余熱を利用して調理をするのがコツです。エネルギーの節約にもなります。
  • Q.炊飯のコツを教えてください。
    A.火加減は弱めの中火。沸騰まで時間はかかりますがここで強火にすると焦げたり芯のあるご飯になったりします。沸騰後は表面の泡が大きくなりカニ穴ができてきたら、早めに火を消し15分くらい蒸らします。
    炊飯量の目安 (1カップは約200mℓ)
    VS-1 1/2 (1.5ℓ): 1~2カップ
    VS-2 1/2 (2.5ℓ): 2~3カップ
    VS-3 1/2 (3.5ℓ): 3~4カップ
  • Q.洗浄方法で、気をつけることはありますか?
    A.調理後は、できるだけ早くお湯・水の中に浸します。研磨剤入りナイロンたわしや粒子の粗いクレンザー等を使用しますとガラスがキズつき、破損する原因となりますので使用しないでください。
  • Q.焦げ付いてしまったときは、どうすればいいですか?
    A.傷をつけないように、焦げをとることが大切です。以下の方法をお試しください。
    ・ビジョンに水を入れて沸かしながら、コゲをふやかし、割り箸の背などでこすり取る。
    ・台所用漂白剤につける。
    ・細かくした卵のカラや、重層をやわらかいスポンジにとりこすり取る。
  • Q.ビジョンを火にかけて、有害物質が溶け出すことはないのですか?
    A.ビジョンはガラスセラミック製です。有害物質を含まない素材ですので、火にかけても溶出物の心配はございません。

パイレックス

  • Q.耐熱ガラスは、割れにくいですか?
    A.耐熱ガラスは、熱湯を注ぐなどの急激な温度変化には強いガラスですが、「ぶつける」「落とす」などの衝撃に強い強化ガラスとは違います。お取り扱いには十分お気をつけください。
  • Q.電子レンジでお湯を沸かす場合の加熱時間は?
    A.電子レンジの出力や水温によって異なりますが、500Wの電子レンジで100ml:1分が目安です。電子レンジの場合、お湯が沸いても泡が出ない場合があり、加熱をしすぎますと突然沸騰することがありますので、ご注意ください。
  • Q.電子レンジでカラメルソースを作ることはできますか?
    A.できません。容器が空だき状態になる危険性や、耐熱温度差が120℃以上になる危険性があり、破損の原因となります。
  • Q.蒸し器で使うこともできますか?
    A.茶椀蒸しやプリンなど、蒸し料理の調理にお使いいただけます。
  • Q.オーブン用のガラスは最高何℃のオーブンやオーブントースターに使用できますか?
    A.通常ご家庭でお使いのオーブン(300~350℃程度)では、問題なくご使用いただけます(高温になった食器の取り扱いには、十分ご注意ください)。またオーブントースターでもご使用いただけますが、熱源ヒーターとの間に3~4cm以上の隙間があることをご確認の上、お使いください。
  • Q.食器洗い乾燥機に使用できますか?
    A.ガラス本体部分はご使用いただけます。フタなどの部品は、食器洗い乾燥機の取扱説明書をご確認ください。ガラスの目盛りなどが印刷されているものは、繰り返しの使用で印刷が薄くなることもあります。
  • Q.保存容器で、冷凍保存はできますか?
    A.お使いいただけますが、水分が凍り体積が増えることによって、ガラスを押し広げる力が働き破損することがございます。みそ汁やスープなどの液体や、液体に近い状態のもの、おかゆなどの冷凍へのご使用はおやめください。ごはんを冷凍する時は、軽くごはんを入れフタをして上下左右にふり、ガラスとごはんの間に隙間を作り冷凍してください。
  • Q.耐熱ガラスについて
    A.家庭用品品質表示法では
    ・耐熱ガラス製器具 120℃以上400℃未満
    ・超耐熱ガラス製器具 400℃以上
    ※材質は硼珪酸ガラス製又はガラスセラミック製であるものと定められています。外見では見分けられませんので、取扱説明書の品質表示をご確認ください。
  • Q.耐熱温度差とは?
    A.その商品が耐えうる温度を示すものではありません。ガラス部分(部品を除く)を一定温度に定めた恒温器中に30分間保持し、ガラス部分が均一な温度に保持されたところで取り出し、直ちに冷水中に1分間浸してガラスが割れない温度差を示すものです。
    加熱した温度―冷水の温度=耐熱温度差
    つまり、耐熱温度差の数値が大きいほど熱に強いガラスだといえます。
ページトップへ