オンラインストア

コラム

Column

2021/7/1

キッチンを彩るガラス鍋。カリスマ企画部長が語った『VISIONS』の魅力とは?

透き通る琥珀色が特徴で、どこか懐かしさを感じるおしゃれなガラス鍋『VISIONS(ビジョン)』。そんな『VISIONS』の見た目以外の魅力を深く知るため、LIMIA編集部は販売元である国内屈指のキッチン用品メーカー『パール金属』へ! これまで数多くのヒット商品を生み出してきた企画開発のカリスマ・山本知幸部長に『VISIONS』についてお話を伺うと、これからの暮らしに欠かせない新しい魅力がたくさん見えてきました。

SNSでも人気!おしゃれなガラス鍋『VISIONS』って?

提供:コレールブランズ

 

美しいアンバーカラー(琥珀色)と透き通るガラス素材で、キッチンに置いてあるだけでもおしゃれな調理用鍋『VISIONS(ビジョン)』。食材が見えるシースルーのボディが、唯一無二の存在感を放ちます。

『VISIONS』はアメリカで生まれた「パイロセラム」構造のガラス素材を使い、1983年フランスで誕生。熱衝撃に耐性があり、急な温度の変化にも強い特徴があります。さらに金属や陶器の鍋とは異なり、調理の様子を一目で確認できるため、蓋を開ける手間もかかりません。直火はもちろん、オーブンや電子レンジでの調理もできる優れもの

しかし『VISIONS』の魅力はおしゃれで耐熱性があるだけではありません。その秘めた魅力を知るため『VISIONS』を知り尽くす方がいる新潟県三条市へ向かいました。

お話を伺うため『パール金属』へ潜入!

提供:LIMIA編集部
こちらはパール金属のショールーム。

 

たどり着いたのは、『VISIONS』の正規代理店である『パール金属』のショールーム。普段は入ることができない場所ですが、そこにはキッチンアイテムがずらり。なんと6万点もの取り扱い商品が展示されているのだとか。

そんなワクワクする空間に、ダンディな男性が颯爽と登場! そう。彼こそが、今回お話を伺う営業本部企画開発室の山本知幸部長です。

 

提供:LIMIA編集部

 

山本部長:ようこそお越しくださいました。

ビシッとスーツを着こなし、出迎えてくれた山本部長。これまで多くの商品を手がけ、すばやく世に出すことで数々のヒット商品を生み出してきた凄腕の持ち主です。

「世の中にないものを創造していきたい」という熱い思いで仕事に向き合う山本部長は、そのカリスマ性が話題でメディアでも大注目。さまざまなキッチンツールを見てきた山本部長にさっそく『VISIONS』について教えていただきましょう!

ガラスの鍋『VISIONS』に秘められたテクノロジー

提供:LIMIA編集部
このキレイなアンバーカラーも、着色ではなく製造の過程で自然につく色なのだとか!

 

――(聞き手:LIMIA編集部、以下省略)まず気になるのが、ガラス鍋の耐久性。なぜ様々な調理方法に対応できるのでしょうか?

山本部長:『VISIONS』の鍋には、パイロセラムという構造の特殊なガラス素材が使われています。この素材、実はもともと世界有数のガラス製品メーカー・コーニングが、NASAのスペースシャトルの先端用に開発したものなのです。スペースシャトルが大気圏を抜ける際、激しい温度差にも耐えられるようにと作られたガラスだけあって、その耐熱温度差は400度以上と驚異的です。

ーー400度以上! 想像をはるかに超えた耐熱性ですね。

 

提供:コレールブランズ

 

山本部長:一般的なガラスとは違い、少しの温度差で割れることがないため、冷凍庫から温められたオーブンに入れても問題なし。直火にかけても、オーブンや電子レンジ調理に使ってもOKという万能さです。

他にも、劣化がしづらく、汚れや匂いもつきにくいという特徴が。大事に使えば、新品のような外観を保ったまま、長く使い続けられる一生ものの鍋になるかも!?

一番の魅力はエンタメ性!時代に合った『VISIONS』の役割

おしゃれで鍋としての基本的な機能は十分! それがわかったところで、さらに『VISIONS』の魅力を深掘りしていきましょう。

ーーズバリ、山本部長が感じている『VISIONS』の魅力的なポイントは?

 

提供:LIMIA編集部

 

山本部長:『VISIONS』の鍋は、機能性で他の商品と差別化を図れるものではありません。そういう意味では、少し使いづらい鍋だと言っていいでしょう。しかしそれこそがガラス鍋『VISIONS』の魅力でもあるのです。

ーーえっ!? その心とは?

山本部長:コロナ禍の影響で生活スタイルは変化しています。機能重視で選び消耗したら買い換えるといった、ファスト消費のあり方が見直されていますが、それはキッチン用品も同じこと。“おいしく調理できる”という鍋としてあたり前の機能は備えつつ、暮らしを楽しく、充実させるコミュニケーションを生み出す。人々の暮らしに寄り添う、機能以上の価値がこの鍋にはあるのです。

ーーなるほど。深いですね……。具体的には、どういうシーンでこれから価値を発揮するのでしょう?

 

提供:コレールブランズ

 

山本部長:例えば、家族で料理をするときに『VISIONS』を使うとします。蓋をあけずに中身が見えるので、そこで自然と会話が生まれる。『VISIONS』の鍋は、キッチンのエンターテイナーにもなってくれます。「食材って調理するとこんな風に変化するんだ!」と、サイエンスを楽しんでいる時のようなワクワク感や新たな発見も感じてほしいです。

ーー眺めても美しく、使ったら発見がある調理器具として、キッチンに置いてみる。今までになかった発想で、キッチンが居心地のいい場所へと変化しそうです。

『VISIONS』はインテリアにもおすすめ!新商品の魅力も紹介

提供:LIMIA編集部

 

ーー美しいアンバーカラーで、ヴィンテージアイテムのような雰囲気をまとう『VISIONS』は、どんなキッチンに合うと思いますか?

山本部長:この特徴的な色は、レトロ系のインテリアはもちろん、ナチュラル系のインテリアにもマッチするはずです。あえてモダンなキッチンに置いてみるのも面白いですね。『VISIONS』で自分らしいインテリアのイメージを作っていただけたらと思いますし、『VISIONS』のある空間を楽しんでほしいです。

 

提供:コレールブランズ

 

キッチンインテリアとしてもおすすめの『VISIONS』は、クックポットからソースパンまで種類もサイズも豊富。シリーズでそろえることで、キッチンの世界観も広がりそうです。

忙しい毎日だからこそ、少しでもお料理が楽しくなる空間作りのアイテムとして取り入れたくなりますよね。

 

『VISIONS』だから極上のディナーを楽しめる

さらに発売されたばかりの新商品『VISIONS 中が見える卓上鍋 24cm』にも注目。 その特徴についても、山本部長に伺っていきましょう。

提供:LIMIA編集部

 

山本部長:新商品は、大きめで底の浅い卓上鍋。家族で鍋を囲みながら、みんなで調理の様子と食事を楽しんでいただきたいです。そこからコミュニケーションが生まれ、極上のディナー体験になることでしょう。

ーー『VISIONS』は、コミュニケーションツールにもなるんですね! ちなみに鍋料理以外にも、おすすめの使い方はありますか?

山本部長:オーブンを使った蒸し料理や焼き料理などに使えます。パーティーシーズンは、鶏肉の丸焼きもできますし、ケーキも焼くことができるのでかなり幅広い調理に使えますよ。

 

提供:コレールブランズ

 

保温力が高いので、時間が経っても冷めにくいのもうれしい特徴なのだとか。シーンを想像すると、ますます使ってみたくなります。インテリアとしても、家族みんなで使うキッチンアイテムとしても役立ち、暮らしを豊かにしてくれるイメージができますよね。

『VISIONS』で食卓を発展性のある場に

提供:LIMIA編集部

 

最後に、山本部長からLIMIA読者に向けて、熱いメッセージをいただきました。

山本部長:これからの時代、簡単さや機能性に特化したものの価値はもちろんですが、豊かなコミュニケーションを生み出すものの価値もますます大切になってくるはずです。『VISIONS』のアイテムを通して、食卓を発展性のある場にしていただき、アイデアあふれる楽しい家庭を家族みんなでつくっていただきたいです。

食事を通して人とのつながりや家族の絆をつくっていく。ワクワクする時間になりそうです

新製品も注目!『VISIONS』から目が離せない

提供:コレールブランズ

 

キッチンインテリアとして美しく、さまざまな調理に使えて、食材が変化する様子を観察すればコミュニケーションも生まれる『VISIONS』のガラス鍋。お話を伺って見えてきたのは、暮らしの豊かさを考え始める人が増えてきた、これからの時代にピッタリな魅力でした。ぜひ、『VISIONS』を暮らしに取り入れて、新たな発見を楽しんでくださいね。

まだお披露目できませんが、『VISIONS』は今後も驚くような新製品が続々と発表されていく予定。『VISIONS』ワールドの展開に、これからも目が離せません!

 

オンラインストアはこちら

 

arrow ページトップへ