オンラインストア

コラム

Column

2021/10/6

コーディネートの主役はお皿!マンネリ気味の食卓を簡単に大変身させる方法って?

おうち時間が長くなってから色々工夫はしてみたけれど、少しマンネリ化してきた毎日。そんなときは食卓から気分を変えてみませんか? 今回は、簡単にできるテーブルコーディネート術を紹介。コーディネートと言っても、難しいことは必要ありません。ポイントは『コレール』のお皿。素敵なテーブルコーディネートやおいしそうなお料理が人気のインスタグラマーakokaricafeさんに、お皿をメインにつくるテーブルコーディネート術を教えてもらいました。

毎日の食卓は『お皿』で変えられる?

今回ご紹介するのは、マンネリ化した食卓を“お皿”をメインにして華やかに変身させる方法。凝ったお料理を用意しなくても、少し工夫するだけで食卓の雰囲気を変えられるんです。
 
お料理やテーブルコーディネートが大人気のインスタグラマーさんにお話を伺って、簡単にできるテーブルコーディネート術を教えてもらいました。
 

人気インスタグラマーのakokaricafeさん

提供:akokaricafeさん

地域の食材やアイデアを活かしたお料理が並ぶInstagramが大人気。お料理に合わせた食器や小物選びのセンスが抜群でコーディネートが注目を集めています。

 

穏やかな雰囲気が伝わってくるInstagramの世界観がとても素敵なakokaricafeさん。
 
お料理のお写真を始めたきっかけを伺うと「娘が大きくなり、食卓に家族全員がそろうことが少なくなったので、貴重なテーブルシーンを思い出として残すために、撮影するようになりました」と教えてくれました。
 
食事の時間を大切に思う気持ちが、素敵なアカウントの始まりだったんですね。今では写真の魅力にはまり撮影を楽しんでいるそう。まるでレストランのような上品な雰囲気のお写真は、ほぼ自宅で撮影されたものだというので驚きです。

 
 

 

家族との食事の時間を大事にしているというakokaricafeさん。
 
食事の時間を工夫して、楽しくリラックスした時間を過ごすことで落ち着いた穏やかな暮らしにつながると思います」と食卓で暮らしを豊かにするための大事なポイントを教えてくださいました。
 
そんなakokaricafeさんに教えていただくのは、“お皿”をメインにつくるテーブルコーディネート。主役になるのは、たくさんの魅力が詰まっている『CORELLE(コレール)』のお皿なんです。

 
 

akokaricafeさんが使用するお皿は?

『コレール』で暑さを忘れ涼を感じるコーディネートに

提供:コレールブランズ


akokaricafeさんが、今回コーディネートのメインで使用するお皿は、1970年代にアメリカで誕生した『コレール』。独自の構造で、衝撃や熱に強いのが特長です。
 
薄くて軽いのに丈夫な秘密は「Vitrelle(ビトレル)」と呼ばれる三層のガラス。中央の乳白色ガラスを上下の透明ガラスでサンドイッチし熱圧縮させることで、衝撃に強く、割れにくい構造になっています。
 
何より今回のコーディネートのポイントになってくるのが幅広いサイズとデザイン。シンプルなものから華やかなもの、トレンドを意識したものまで幅広くそろっています。

 
 

コーディネートに使用するお皿はこちら

提供:akokaricafeさん


akokaricafeさんが選んだ柄は『Bonbon Fleur(ボンボンフレール)』という2020年の新柄。和・洋・中、どんなお料理にも合いますよ。
 
落ち着いた色合いと小さなお花柄が、華やかながら落ち着いた雰囲気を演出。可愛らしい『Bonbon Fleur』の柄で、夏をさわやかに楽しむテーブルコーディネートを教えてもらいました。

 
 

テーブルに配置してバランスを確認

提供:akokaricafeさん


まずは、お皿をテーブルに配置。これだけでもパッと華やかになりますよね。ここでakokaricafeさんならではの技に注目! 中央のお皿を透明の台の上に置いて、高低差をだしているんです。
 
「透明な台を使って、涼しさをだしました。また、高低差をつけると全体のバランスも良くなります。テーブルにお料理が沢山並んだときなどスペースを有効的に使えるので便利ですよ。私は100円ショップで購入しました」と、akokaricafeさん。
 
アイテムを少し取り入れて工夫すると、簡単に特別感が演出できるんですね。これはマネしたいポイントです!

 
 

ポイントは立体感!お皿を重ねて楽しんで

提供:akokaricafeさん


お皿を並べた後は、お花やグリーンで飾り付け。主張しすぎないテーブルクロスやブルーのお花で全体を引き締めて、お皿が目立つようにしています。中央に置かれたナフキン使いもとてもおしゃれです。

 

提供:akokaricafeさん


また、ここでもakokaricafeさんの技に注目! お皿をサイズ違いで重ねて立体感をだしているんです。
 
重ねた白いお皿は『Winter Frost White(ウィンターフロストホワイト)』。こちらも『コレール』の中で大人気の種類です。『コレール』なら、丈夫で割れにくい特長があるので、安心して重ねて楽しめますね。

 

提供:akokaricafeさん


「暑い夏に少しでも涼を感じられるよう、『ボンボンフレール』の大皿に、真っ白なお皿を重ねてほどよく色味を調整したり、立体感を楽しめるコーディネートにしました」と、akokaricafeさんの技が光るコーディネートの完成です♪
 
柄が素敵な『ボンボンフレール』を使って少し工夫するだけで簡単にテーブルが華やかになりました。

暑さを吹き飛ばす中華料理で食卓を楽しむ

提供:akokaricafeさん


最後に、お料理を盛り付け。今回は、暑さを吹き飛ばせるようにとてもおいしそうな中華料理を作ってくださいました。
 
『ボンボンフレール』の柄がほどよく目立ち、海南チキンライスや麻婆豆腐を引き立ててくれます。1枚取り入れるだけでも、食卓をパッと明るくできますよ♪

 
 

料理中も盛り付けにもしっかり活躍

提供:akokaricafeさん


『コレール』は、熱にも強く食洗器や電子レンジはもちろん、オーブン調理もOK。焼き豚はオーブンレンジスチームモードで190℃に設定し、約30分〜約40分調理しています。調理中にも使えるのはうれしいですよね。
 
※スチームモードを使用せず、オーブン機能だけでも調理可能

 
 

お皿にこだわるだけで食卓は変わる

提供:akokaricafeさん

海南チキンライス、麻婆豆腐、焼き豚、魯肉飯、マンゴープリン、杏仁豆腐と、akokaricafeさんお手製のおいしそうな中華料理が並びます。

 

「食器にこだわるだけでも、出来上がったお料理がドレスアップされていくようで、気持ちも上がります。また、凛とした空気も作り出されて、テーブルを家族や友人達と囲む時間がとても楽しいものになります」と、akokaricafeさん。

 

『コレール』のお皿を使用するだけで、こんなに簡単に食卓を彩ることができるんですね。毎日の食事の時間も、特別な日にも大活躍してくれること間違いなしです。

 

毎日使いたい!コレールの詳細はこちら

『コレール』は収納するときも困らない

提供:akokaricafeさん


コーディネートを楽しんだあとは、収納に注目してみましょう。『コレール』はひとつひとつが薄いので、このように重ねてもスッキリ!
 
また、表面に穴がない無孔ガラスなので汚れが残りにくく、お手入れしやすいのもうれしいポイントです。

 

提供:コレールブランズ


柄を活かして、写真のように見せる収納にしても素敵。季節に合わせて柄を変えればインテリアのように楽しめます。1年に1回、大々的に新しいデザインが発売されるので、お気に入りを集めるのも楽しいですよ。

 
 

akokaricafeさんのおすすめポイント

提供:akokaricafeさん

こちらは、akokaricafeさんのお気に入りの柄『Uptown Garden(アップタウンガーデン)』。デザートは「キャラメルバナナ」と「バナナマフィンのブルーベリーコンポートかけ」です。

 

以前、娘さんの離乳食〜幼児食の食器に『コレール』を使っていたというakokaricafeさん。

 

「軽く薄いので、収納にも困らなかった覚えがあります。また、子どもが小さい頃、上手く持てず落としてしまっても割れにくかったです。モノを長く使いたい方や、小さなお子さんがいる方にもピッタリだと思います」と、おすすめポイントを紹介してくださいました。
 
また「中華を作った際、食器洗いがとてもラクでした。水で流しただけでほとんどの汚れは流れ落ちるので洗剤を使う量が少量で済むのは環境にも優しいのでうれしいことです」と、環境面にもうれしいポイントも教えてくれましたよ。

『コレール』で大切な人との時間を楽しんで

提供:コレール・ブランズ


今回は夏をさわやかに過ごすコーディネートを紹介しましたが、『コレール』は柄が豊富なのでお皿を変えることで季節ごとにコーディネートを楽しめます。また、割れにくく、長く使えるので大切な人へのプレゼントにも最適です。

 

みなさんも『コレール』で食卓を彩りながら大事な人との食事の時間をもっと楽しんでくださいね。

 

『コレール』をチェックする

 
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年7月)に基づいたものです。

arrow ページトップへ