オンラインストア

コラム

Column

2022/3/2

【Pyrex】かわいい見た目以上に簡単おいしい!苺とヨーグルトの三層ムースで春を感じて♪

 

人気パティシエ栗山莉沙さんによるPyrexを使ったレシピ連載シリーズ。今回は「デザートカップ」型を使って、前から見ても側面から見ても可愛いストロベリーヨーグルトムースレシピをご紹介します♪

【レシピ】『デザートカップ』型でストロベリーヨーグルトムース


Pyrex CP-8568デザートカップ(ゼリー) 5個分

 

★材料★
 
【苺ムース】
A  はちみつ 16g
  砂糖 20g
  ヨーグルト 80g
  レモン汁 5g
  牛乳 20g
  生クリーム45% 20g
  苺 80g
  キルッシュ 5g
 
ゼラチン 3g
水 23cc
 
【ホワイトムース】
B  はちみつ 16g
  砂糖 25g
  ヨーグルト 120g
  レモン汁 3g
  牛乳 40g
  生クリーム45% 40g
  キルッシュ 5g
 
ゼラチン 3g
水 23cc
 
【ジュレ】
苺 83g
水あめ 9g(砂糖20gでも代用可能)
砂糖 15g
キルッシュ 1.5g
 
ゼラチン 2g
水 10cc
 

★作り方★

【苺ムース】
 
① 苺は全て(ムース用、ジュレ用)ミキサーにかけてピュレ状にしておく
 
② ゼラチンを水でふやかし、湯せんで溶かしておく
 
③ Aの材料を上から順にホイッパーで混ぜ合わせ、溶かしたゼラチンを加える

 

 

 

 
④ デザートカップに等分して流しいれ、冷蔵庫で冷やし固める。

 

※およそ冷蔵庫で30分、冷凍庫で10分くらいで固まります
 

【ホワイトムース】
⑤ ゼラチンを水でふやかし、湯せんで溶かしておく
 
⑥ Bの材料を上から順に静かにホイッパーで混ぜ合わせ、ゼラチンを加える
 

 

 

 
⑦ 苺ムースが固まったら、ホワイトムースを等分して流し入れ、冷やし固める
※苺ムースと工程は同じ!ふるふると固まってきたと思ったら入れてOKです
 
【ジュレ】
 
⑧ ジュレのゼラチンを水でふやかし、湯せんで溶かしておく
 
⑨ 苺のピュレ、水あめ、砂糖、キルッシュを順に混ぜ合わせ、ゼラチンを加える ※ソースにとろみがつくくらい
 
⑩ ホワイトムースが固まったら、ジュレを等分して流し固める
 

 
⑪ ジュレが固まったらトッピングの苺などをかざりつける。苺はなるべく赤いものを使用すると見栄えがぐっと良くなります!

 

3層ムースのポイントは?


 
―今回の3層ムースである「ストロベリーヨーグルトムース」のポイントはどの工程でしょうか?
 
「ムースは食感がとても大事で、柔らかいほど美味しさが感じられます。今回はムースがちゃんと固まりつつ柔らかさを残したギリギリでゼラチンを計算しています。初めの一番下の層のストロベリームースのところで冷蔵庫で冷やし固めると思いますが、少しぷるぷるになってきたな、と感じられたら次の生地を流し入れて大丈夫です。一番上のジュレはジャムのように食べてほしいので、固まらなくて良いですよ。」
 
心配になってゼラチンを足してしまった筆者ですが、予想通り?層ごとに食感が変わってしまったのでゼラチンの量をしっかり計量して溶かすことは大きなポイントかもしれませんね。
 
「そうですね。今回のストロベリーヨーグルトムース、3層なのでレシピを見ると材料の多くて手順も多くて一見難しそう・・と思ってしまうかもしれません。ですが材料を混ぜてしまえばオーブンもいらず、作りやすいと思います。だけど見た目は前から見ても横から見ても可愛くて、これからの季節にぴったりだと思いますね。」
 

 
―今回の「デザートカップ(ゼリー)」型はいかがですか?
 
「いつものオーブンで使用しているパイレックスの器と違って薄くて軽いのでムースやミニパフェ、ゼリーを作るのにぴったりで良いですね。トップが広がっているので飾りつけもしやすいし、それこそ軽いので持ち寄りパーティとかでも使いやすいと思います!」
 
見ているだけで春を感じるおしゃれなストロベリームース。凝っていて難しそうに見えますが、作ってみると想像以上に簡単で美味しい!美味しい苺を手に入れたらぜひ作ってみてくださいね。

  
栗山さんのInstagramはこちら

『Pyrex』をチェックする

Instagramはこちら

Twitterはこちら

arrow ページトップへ